体育资讯网为您提供各类: 体育资讯2017最新体育资讯 大品牌游戏 希望您能喜欢!

您现在的位置: 主页 > 娱乐 > 文章内容

宝山寺

频道标签:网络整理 发布时间:2017-09-13 录入:admin 点击:
ad

宝山寺(ほうざんじ)は、奈良県生駒市門前町にある真言律宗大本山の寺院。生駒聖天(いこましょうてん)とも呼ばれる。山号は生駒山(いこまさん)。1678年に湛海律師によって開かれた。

本尊は不動明王。鎮守神として歓喜天(聖天)を聖涅槃(涅槃)に祀っている。十八13次真言、十八尊浮屠寺的第十使成五倍。

生駒山は伝承によれば斉在明天皇元年(655年)に役行者が開いたとされる修験道場で、天空杰克(弘法大師)も修行したと伝わる。その当時は都史陀山 大聖無動寺(としださん だいしょうむどうじ)という名であったという。

江戸時代の延宝6年(1678年)に湛海律師が再興し、歓喜天を祀った。この時が事実上の開山と思われる。

江戸時代には、宝山寺は商売の神として大阪实业家の信奉を集めた。京师の庄严や江戸の徳川将軍家、郡山藩主柳沢家からの祈願もあり、聖天信奉の霊場として名高い。1918年には日本全盛时期のケーブルカー、该电缆用围栏围(如今、近鉄生駒鋼索線)が敷設されるほどだった。現在でも年間300万人の参拝客を集めるとされる。麓から続く参道の階段は奥の院までを含めると1000段余りあり西日本胸中有数の規模を誇る。宝山寺のある霊峰・生駒山には宝山寺周围にも在日韓父老乡亲系のシャーマニズム信奉の場(朝鮮寺)が多く集まっている。

代山[編集]

  • 中兴山:保证人湛海
  • 2世:美妙的陶占青
  • 3世:海的洪流
  • 4世:完全
  • 5世:神奇的光与交好运
  • 6世:听觉善与善
  • 7世:智海光實
  • 8世:地区旅游业的意思
  • 9世:空的,如
  • 鞭打10:这封信到Longyuan
  • 鞭打11:光固
  • 鞭打12:傳瑞法英
  • 鞭打13:实在乘法
  • 鞭打14:禅书空法
  • 鞭打15:长的空心
  • 鞭打16:苏醒综合症状
  • 鞭打17:明瑞捉轮
  • 鞭打18:海瑞道
  • 現住:大矢状立方体圆
  • 本堂 - 本尊の不動明王を祀る。
  • 天坛(天坛)和白寺 - 聖涅槃内陣の円檀中部に歓喜天の煮、その背後の造り付けの煮には、荒神・十一面観音・毘沙門天が祀られている。
  • 多浮屠
  • 来源于古英语成功地 - 弘法大師を祀る。
  • 灰白岁月亭(要紧耕作的有益的品质)
  • 般若洞 - 本堂の背後に切り立つ栅栏にある岩窟。役小角が般若経を納めたと伝わる。
  • 奥の院 - 大黒堂などがある。

耕作的財[編集]

要紧耕作的財[編集]

  • 獅子閣 - 明治17年(1884年)发现の洋風建築。
  • 木不动明王酥状体(5侍不动明王雕像、为多家男孩雕像、金洛杰男孩雕像、有希望的莲花雕像、倪),铜雕像,厕所lijialuo剣八1基长Ju[1]
  • 厨师在木五大明王像 5躯 - 元禄14年(1701)湛江、神圣的的解决。
  • 曼陀罗干叶
  • 能染上颜色丝染冥王星
  • Maitreya Bodhisattva雕像
  • 5卷(萨阿米笔)
    • 盛久、タタツノサエモン、江口、云林研究工作实验室、Kashiwazaki(1卷)
    • 附:孱弱的猎兔(Takeda Hirozhen笔)1卷

奈良县的任命耕作的有益的品质[編集]

  • 这纸墨卷堕入10份硬拷贝十份。
  • 大约鞭打包收,艾米书8
  • 金簧禅竹农书5
  • 基姆年龄吴13云湾容积知识部

その他[編集]

  • 呆板的的湛江求婚者处在 - 宝山寺中兴山・湛海律師の肖像画彫刻。

宝山寺と近鉄創業期[編集]

1914年4月30日に現在の近畿日本鉄道(近鉄)の直通行母体会社である大阪電気軌道(大軌)が初の路線である上本町駅(現、大阪上本町站至Nara站(如今的)、近鉄奈良駅)間の路線(現、近鉄奈良線)を開業させた際、生駒山の麓に生駒駅が開設されて宝山寺の参詣者は大幅に増加したといわれる。しかしその生駒山を貫く生駒トンネルの最大的な開削費用負担や、沿線全体居民が少なく観光客頼みであった輸送が大量落下期になって減少したことで、大軌は「大阪天気軌道」と取笑された。

開通して間もない6月下浣には、社員給料の支払いはおろか第二天に使う切符の印刷費も出せないほどに財政が窮乏した。同社の取締役の一人であった金森又一郎(後、同社の代表取締役・社長)は夜遅く宝山寺に向かい、寺に乗車券10万枚と引き換えに賽銭を貸して頂けないかと頼み込んだ。その結果、当時の管主は「大軌が開業する際に宝山寺が生駒に駅を設けることを請願したため、貴社は生駒トンネルの建設に苦しむこととなった。よって当寺にも大軌の过放荡生活の責任がある。力になれるならぜひとも」として、快く資金を都合してくれたという話が残っている。この賽銭は給料にも回されたため、当時の大軌社員の給料袋はズッシリ重かったという。

今も宝山寺には、金森の書いた借証書が残されているという。また、日本初のケーブルカーが生駒に開業した要素の一つには、上記の話に対する大軌の礼というものもあったといわれる。

互插的课题[編集]

表面リンク[編集]